G&G 知多

愛知県知多半島から気になる食べ物の情報を発信!グルメなごはんでおなかがグーグー?

常滑産食材を使ったワクワクメニューいっぱいの「たまごやさんの農家レストラン」(レシピヲ)

常滑で人気のたまごやさん「ココテラス」の隣に、農家レストランがオープンしたので早速行ってきました。お店の名前は「レシピヲ」。

f:id:ggchita:20180609123200j:plain

先日レポートした「サンセットウォーカーヒル」に続いて常滑2店目の農家レストラン。海が遠くに見える、とってものどかな場所にあります。

f:id:ggchita:20180609123046j:plain

店内は木の香りいっぱいで、大きな窓から見える景色ものどか。

f:id:ggchita:20180609132716j:plain

お嬢さんは「たまご大好きキッズプレート」を注文。

f:id:ggchita:20180609133117j:plain

看板メニューのオムライス(ミニ)と、農家サラダ(ミニ)、たまごいっぱいプリン、ドリンクつき。大人が頼みたい!

お嬢さんいわく「今まで食べたオムライスの中で一番美味しい」と最大級の賛辞。

 

私は「半熟卵とキーマカレー」の農家サラダセットを注文。

f:id:ggchita:20180609133324j:plain

奥の野菜にはドレッシングがかかっていて、手前の野菜はオリジナルのマヨネーズをつけていただきます。ミニトマトめちゃ甘。他の野菜も新鮮でパワーもらえそう。

 

さて、お待ちかねのキーマカレー登場!

f:id:ggchita:20180609133630j:plain

半熟卵を割って「とろ〜り」、これがやりたかった♪ 大成功。

f:id:ggchita:20180609133700j:plain

よーく見ると、キーマの下にトロトロたまごが! なんと、ライス、トロタマ、キーマ、半熟卵の四層構造。

f:id:ggchita:20180609133824j:plain

辛味のあるキーマカレーが、ダブル卵でまろやかになって悶絶のハーモニー☆

 

お嬢さんに一口もらったプリンが美味しかったので、となりのココテラスでお土産を購入。このプリンは何かで優勝してるみたい。

f:id:ggchita:20180609140612j:plain

ご飯もデザートも美味しくて大満足。

ごちそうさまでした!

 

f:id:ggchita:20180609140923j:plain

レシピヲの詳細はこちら

https://www.coco-terrace.com/recipio/

 

 

 

常滑市と伊勢湾を眺める絶景スポットで絶品知多牛とワインを味わう農園レストラン(サンセットウォーカーヒル)

常滑市と伊勢湾を見おろす常滑高校前の絶景スポットにできた新店「サンセットウォーカーヒル」に行って来ました!行ったのは夜景の時間。

f:id:ggchita:20180408213901j:plain

オレゴン州ポートランドの農園レストランをイメージしたかなりデカイお店。

f:id:ggchita:20180408214127j:plain

店内もゆったりとしていて、大人数でのパーティーにも使えそう。

f:id:ggchita:20180408214344j:plain

各席には薔薇の花が。

ディナーは3000円、5000円、7000円、10000円の4コースのみ。

子供メニューは無いため、今回は3000円と5000円のコースを一つずつ注文し、親子三人でシェアしました。

まずはサラダ。ピザが乗るような取っ手つきの木皿で登場。

f:id:ggchita:20180408214415j:plain

しっかりベーコンが入っていてボリューム満点。玉子は常滑産。

 

次はバーニャカウダ。

f:id:ggchita:20180408214508j:plain

今度はズッシリ重い石皿?で登場。盛りが美しく、ソースが美味しい。

 

サクサク料理がやってきて、次はムール貝の白ワイン蒸しとガーリックトースト。

f:id:ggchita:20180408214727j:plain

食べ慣れない食材だけど、美味しくいただけました。ガーリックトーストは子供も食べられる味。

 

続いて名古屋ではメジャーな手羽先ですが、味付けはアメリカン。

f:id:ggchita:20180408214748j:plain

酸っぱ辛いタレで焼かれた手羽先をチーズソースでいただきます。

チーズソースで酸味が和らいでいい感じに。

 

ここまでは両コース共通でしたが、次は5000円メニューのチーズとオニオンフライ。

f:id:ggchita:20180408214816j:plain

モッツァレラチーズフライは、ビヨーンと伸びてシャッターチャンスあり。

一口目を撮り逃さないように構えておいてください。

 

5000円コースのメインは、知多牛ステーキ。

f:id:ggchita:20180408224055j:plain

柔らかお肉を胡椒のソースであっさりペロリ。

 

3000円コースのメインは、骨付き豚ロースのハーブ焼き。

f:id:ggchita:20180408224119j:plain

こちらも柔らかジューシー。下のケイジャンライスは子供も食べられる味。

二人分を一皿にしてサーブされます。 

f:id:ggchita:20180408214833j:plain

リッチな一皿。

 

デザートは、常滑カスタードプリン。

f:id:ggchita:20180408214901j:plain

黒糖のカラメルソースが隠されています。濃厚美味。

最後は紅茶でまったり。

f:id:ggchita:20180408214918j:plain

そのうちワインの醸造を始めて、自家製ワインが楽しめるらしいです。

これから楽しみなお店。

ごちそうさまでした!

 

www.oregonfarm.jp

エンタメ居酒屋は楽しいだけでなく味も抜群!(博多炉端 魚's男 柳橋市場店)

先日、友人と飲む機会があり、以前から気になっていたお店に行って来ました。

「博多炉端 魚's男 柳橋市場店」。

f:id:ggchita:20180318121506j:plain

 「魚’s男」は「うぉーずまん」と読むのだそう。招き猫の手がベアクローになって、たりはしません。

 

まずはお通し。

f:id:ggchita:20180318121658j:plain

卵の殻に入ったフラン(洋風茶碗蒸し)。見た目もさることながら、スプーンが入りにくいので、どうやって食べるんだと考えるのも楽しい一品。温かくて癒されます。

 

ほっこりしたのも束の間。次はマイナス196℃の世界。

f:id:ggchita:20180318121739j:plain

 液体窒素にトマトを放り込み凍結。

f:id:ggchita:20180322122610j:plain

 カチコチに凍ったトマトにドレッシングをかけて、2分ほど待つと食べ頃。

f:id:ggchita:20180322122655j:plain

トマトの組織が壊れた所に、ドレッシングが染み渡るのだそう。待たずに食べると危険かも。

 

次は、これが見たくて来ました「名物!お刺身観覧車」。

f:id:ggchita:20180322122740j:plain

ど迫力!!ですが回りません。 回転するのは1台だけあるそう。特別な日用に。

でも、楽しみはこれだけではありません。

f:id:ggchita:20180322122819j:plain

 お刺身に合わせて6つの味で楽しめます。

f:id:ggchita:20180322122858j:plain

 そしてプラスワンは、泡ぽん酢。

f:id:ggchita:20180322122939j:plain

 儚く口の中で消える泡と、しばらくしてやってくる柑橘の香り。

 

余韻に浸るのも束の間。花火付きのケーキがやってきました。

f:id:ggchita:20180322123042j:plain

 これ、実は肉じゃが。中々美味。

 

お次は、エスプーママシン登場。

f:id:ggchita:20180322123149j:plain

 ジュンサイコンソメジュレの上に、ドバーッと豆腐のエスプーマ。

f:id:ggchita:20180322123225j:plain

 雲丹との相性抜群、かつ最先端!って感じ。

 

今度はあったかいものが食べたくなって、こちら。

f:id:ggchita:20180322123420j:plain

 マグロのレアとろハンバーグ。店員さんがいい感じに混ぜて仕上げてくれます。

トロトロでウマウマ。

 

さてもう少し頼もうかというところで、パパイヤ鈴木みたいな人登場。

f:id:ggchita:20180322123547j:plain

名物のセリが始まり、ロブスターなど3品をお客さん全員参加で競り落とします。

ですが、惨敗。

 

気を取り直して、地鶏骨付きモモの唐揚げを注文。

f:id:ggchita:20180322123628j:plain

ジューシー&スパイシーで最高!

 

博多料理の店なので、もつ鍋は外せません。

f:id:ggchita:20180322123655j:plain

もつがぷりぷり。酒が進む。

 

そして最後にこちらのデザート。別の席のレディー達がざわつく見た目。

f:id:ggchita:20180322123739j:plain

海外からのオシャレデザート、フローズンスモア。

かなりのボリューム。二人で一個でもいいかも。

 

あーお腹もテンションもいっぱい。

ごちそうさまでした!

 

 

中華の鉄人 陳建一の味 がランチで手軽に味わえる中華店(中國菜 神谷)

JR半田駅近くに、中華の鉄人 陳建一 の下で修行した料理人のお店があると聞いて行ってきました。

 

お高いのかと思いきや、ランチは1200円で何とかなるレベル。

中では奥様方がママ友会をやっていました。入り口すぐにはカウンター席もあって、お一人様も大丈夫そうです。

 

お昼はメインを本日の料理とエビチリから選ぶことができます。

 

この日の料理は「合鴨と大根の炒めもの」。

f:id:ggchita:20180220124420j:plain

ボリュームは控えめですが、きのこも入って食べ応えあり。優しい味付けで、辛いのが苦手な人におススメ。

 

エビチリはこんな感じ。

f:id:ggchita:20180221123528j:plain

大きなエビがプリップリ。卵入りなのでマイルドな辛味。こりゃご飯が進む。

 

サイドは、里芋の和え物。

f:id:ggchita:20180221123916j:plain

人参?のお漬物?

f:id:ggchita:20180221124037j:plain

ホタルイカと白菜、椎茸の汁物。

f:id:ggchita:20180221124113j:plain

どれも素朴ながらも上質なものを食べたという満足感を味わえます。

 

今度は夜も行ってみたいです。

f:id:ggchita:20180221124402j:plain

ごちそうさまでした!

 

 

ロケットニュースのマネしてサイゼリヤで「ディアボラ焼肉丼」を注文してみた!(サイゼリヤ 半田店)

今夜は一人飯の日だったので、家族がいたら注文しにくいサイゼリヤの裏メニューを食べてきました☆

 

その名も「ディアボラ焼肉丼」。

 

ただ、ここで注意したいのは、一人でサイゼリヤは若干入りづらいってこと。

扉を開けて気づきましたが、勇気を出して中に。

 

さて、「ディアボラ焼肉丼」とはこういうものです。

 

ライス単品。

f:id:ggchita:20180201202408j:plain

+「焼肉とハンバーグの盛合せ」の「焼肉」のみ。

f:id:ggchita:20180201202453j:plain

+「若鶏のグリル(ディアボラ風)」の「ディアボラソース」のみ。

f:id:ggchita:20180201202856j:plain

=「ディアボラ焼肉丼」

f:id:ggchita:20180201203833j:plain

めちゃウマ!!

 

シャキシャキ爽やかな焼肉ライス。

思わず「もう一杯!」と言いたくなります。

 

伝票はこんな感じ。

f:id:ggchita:20180201204836j:plain

特別オーダー(笑)

 

勇気を出して是非☆

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

女子会にオススメ!常滑の薪火焼きステーキをシェアしてクラフトビールと楽しむお店(ブッチャーズ ファクトリー)

常滑駅近く、フェイスブックで見たお肉の写真が美味しそうだった「ブッチャーズ ファクトリー」に行って来ました。

外観は貨物コンテナのような感じで、駐車場からすでにいい匂いが。

 

いい匂いは、店内カウンターから見えるカマドから立ち昇る煙のようです。

ここでデッカイお肉達が輻射熱でじっくり焼かれていきます。

f:id:ggchita:20171205122659j:plain

その右に見えるのは、数種類あるクラフトビールのサーバー。

その日の入荷によって、全部あるわけではないようですが、ビール好きには最高の幸せの注ぎ口。

 

私は残念ながらビール(炭酸類)が苦手なので、ワインを注文しました。

f:id:ggchita:20171205123331j:plain

左は奥様のホット烏龍茶。きっと常滑焼きに注がれてます。

 

突き出しとしてまずスープが登場。

f:id:ggchita:20171205123624j:plain

野菜ゴロゴロで、小さい容器ながら食べ応えあり。

 

続いては、カウンターから見える豚の脚を削って提供される生ハム。

f:id:ggchita:20171205123829j:plain

臭みがなく、いい塩梅でワインが進みます。

 

お次はマッシュルームサラダ。

f:id:ggchita:20171205124127j:plain

熱々のアンチョビバターをかけて仕上げられて登場。

生のマッシュルームって、こんなに美味しいんだと感動。

家でリピしたくなりました。

 

そろそろあったかいもの食べたいな、ということで激アツメニューを注文。

f:id:ggchita:20171205150722j:plain

エビのアヒージョ。エビはもちろん、トマトが意外とグッド。

 

火傷に気をつけながら食べているうちに、メインが登場しました。

f:id:ggchita:20171205150753j:plain

 リブアイロール300g。中が程よいピンクで、好きな焼き加減。

f:id:ggchita:20171205150820j:plain

塩、マスタード、ソースで味わうことができます。

この肉にはソースが一番美味しく感じました。

他にもTボーンや熟成肉など、その日の入荷によって、お肉の種類も楽しめます。

1kgくらいの大きいものしかないものもあるので、大人数で行くのがオススメ。

ちなみに、添えられているニンニクがねっとり甘くて絶品です。

 

続いて登場したのは、サーモンの瞬間燻製。

f:id:ggchita:20171205150854j:plain

蓋を取ったらモクモクという感じに写真は撮れませんでしたのでご想像ください。 

f:id:ggchita:20171205150937j:plain

ブラックオリーブの刻み?のようなものといただきます。

 

シメには本日のピザを注文。

f:id:ggchita:20171209123124j:plain

この日は、4種のチーズのピザ。ブルーチーズがアクセント。

ワインが進む進む。

 

雰囲気も良くて、お腹も満足。

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

試食が楽しい♪お得な朝市で朝食を!(師崎漁港朝市)

日曜にお得な朝市があると聞いて、早起きして行ってきました「師崎漁港朝市」。

f:id:ggchita:20171026204214j:plain

この日は雨でしたが、朝8時、とても賑わっていました。

 

入口付近、まず目に飛び込んで来たのは、山積みのワタリガニ

f:id:ggchita:20171026203344j:plain

相場がわかりませんが、たぶん安い。

 

周りを見渡すと、そこらじゅうで干物や海老せんやらの試食祭り開催中。

f:id:ggchita:20171026203615j:plain

食べて!とどんどん勧めてくれます。脂のって美味い。

 

極め付きは、日曜8時30分からの月替わりのお楽しみ、無料配布。

f:id:ggchita:20171026203957j:plain

今回は「かに汁」。たぶん入口のカニ。

f:id:ggchita:20171026205107j:plain

無料でこのボリューム。

200円の手作りおにぎりと朝食です。

f:id:ggchita:20171026205341j:plain

あったまる〜。簡単なテーブル&チェアもあります。

f:id:ggchita:20171026210714j:plain

ちょうどタイからホームステイを受け入れていたので、日本の食文化の紹介ができるいい機会になりました。

f:id:ggchita:20171026211048j:plain

この辺の名物たこめしが出来る「たこの干物」にもビックリ。私が。

f:id:ggchita:20171026211120j:plain

ゆるキャラにも会えました。

f:id:ggchita:20171026211444j:plain

これだけ楽しめて、まだ9時。

日曜日を有意義に過ごすには最適です☆

ごちそうさまでした!

 

◆海鮮汁無料配布の情報は、下記リンクで確認してください。

師崎漁港朝市