読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G&G 知多

愛知県知多半島から気になる食べ物の情報を発信!グルメなごはんでおなかがグーグー?

大阪串カツは女性に大人気!二度づけ厳禁のソースはまさに新世界(串かつだるま ジャンジャン店)

大阪に行ってきました!最近、名古屋でも見かけるようになった串カツを本場で食べてみようと、大阪新世界の「串かつだるま ジャンジャン店」へ。

動物園前駅を降りて歩いて行くと、同じような串カツ屋がワンサカ。

メッチャ行列の「八重勝」というお店は待てないのでスルーし、だるまさんへ。

じゃんじゃんセットと小だるまセットを注文。

f:id:ggchita:20170411124317j:plain

まずはキャベツがでてきたので、ソースをつけて味見。

さらっとしているけどスパイシーなお味。

 

続いては「どて焼き」。

じゃんじゃんセットのキムチを+100円で「どて焼き」にチェンジできました。

f:id:ggchita:20170412123307j:plain

いいつまみです。当然ですが、味噌の色が知多半島と違います。

メンブレンって言うんですかね、トゥるんとした食感とこんにゃくと味噌がベストマッチ☆

 

そして串登場!

f:id:ggchita:20170412123403j:plain

2回に分けてやってきました。前半は両セットとも同じということで、1つのバットに2人前。元祖串かつ、アスパラ、うずら、天然えび、もちの5種類。

今見返すと、うずらが1本無いような。食べちゃったかな?

もちは塩で、後はソースでいただきます。

串かつは牛肉なんですね〜。関西は牛肉文化と聞いてたのを実感。

 

後半もいいタイミングで登場。

f:id:ggchita:20170412123444j:plain

豚かつ、つくね、ウインナー、チーズちくわ、がじゃんじゃんセット。

チーズ、たこ、さつまいも、トマトが小だるまセット。

どれもウマ!

 

小だるまセットには最後、アイス最中が出てきます。

揚げたものを期待してましたが、これは揚げてはいませんでしたね。

f:id:ggchita:20170412123518j:plain

でも、栗のアイスでお味は抜群!

 

安くてデザートまでついてお腹いっぱい☆

ごちそうさまでした!

 

トリュフが流行の兆し?ニューヨーカーを虜にしたクラムチャウダーヌードル(セブンイレブン)

セブンイレブンで目に止まったカップラーメン「クラムチャウダーヌードル」。

一風堂ニューヨーク店のオリジナルメニューを再現とのこと。

知多半島でニューヨークの味が楽しめるなんて🎶

f:id:ggchita:20170325123744j:plain

特製トリュフオイルがポイントのよう。

最近雑誌でトリュフたこ焼き屋がオープンなんて記事を見ましたが、トリュフが流行りつつあるってことでしょうか。そういう意味でも最先端っぽくってワクワク。

f:id:ggchita:20170325123657j:plain

 中はこんな感じ。大きな具がゴロゴロ入っています。

f:id:ggchita:20170325123819j:plain

 熱湯5分、トリュフオイルを入れて完成!

f:id:ggchita:20170325123852j:plain お湯を含むとボリューム感をより感じます。

お味はペッパーと唐辛子がきいていてスパイシー。

アサリ感はそれほどキツくなく、ホワイトソースに、ベーコン、ポテト、オニオン、トリュフオイルの風味がよく合っています。

f:id:ggchita:20170325124004j:plain

スープまで完食。

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

レゴランド名古屋攻略法〜行き方・楽しみ方・食べ物・注意点〜

レゴランド名古屋のプレビューデーに行ってきました。

 

知多半島の自宅から車で40分ほど。

伊勢湾岸道の名港中央インターを出たら、左折しますので、左側のレーンから出た方が出やすいと思います。

 

後は道なりに進むと市営の駐車場に到着。平日1日1000円、休日1500です。

3階が空いているなら、レゴランド側への歩道橋がある階なのでアクセス便利。

この日は9:30頃到着でしたが、割とスムーズに駐車できました。

駐車場内は歩行者と交差する場所が多いので、双方とも注意が必要です。

 

体験型飲食店、服屋、妖怪ウオッチショップなどがあるメイカーズピアというショップ街を通り抜けると、人がワンサカ入場待ちしてました。

f:id:ggchita:20170329231203j:plain

この行列に並ぶ前に、手荷物チェックがあります。飲食物の持ち込みはNGとのことですが、そんなに丹念には調べません。

10時オープンですが、入場だけは早目に開始。

10時過ぎには入場できましたが、人気のアトラクション等はすでに行列ができていました。

我が家は特に作戦を練らずに行列に突入。

まずは入り口から左側奥へ進み、人気のジェットコースター「ザ・ドラゴン」へ。

こちら90分待ち。待っている間は可愛い動物のレゴ鑑賞。

f:id:ggchita:20170329231304j:plain

途中、子供は身長を確認され、手の甲に身長に合わせたスタンプを押してもらいます。これがあれば他のアトラクションでも手の甲を見せるだけで入場できます。

こちらは120センチ以上の制限があるアトラクション。

 

建物の中に入れば、もうあとすぐで乗れます。

f:id:ggchita:20170329231337j:plain

ただしこの日は基準を超える強風で、乗って安全バーを下ろしたところで運転一時見合わせに。また黒い柵の内側まで戻って30分ほど待ちました。

運転再開時には皆安堵の拍手が👏

巨大なドラゴンなどのレゴ満載のお城の中を通り抜けると 、なかなかスリリングなジェットコースターらしいスピードに。苦手な私にはちょうど良い感じでした。

17時過ぎには45分待ちになっていたので、この日は2回乗りました。

 

さて、ジェットコースターに乗っただけでもう12時過ぎ。

お昼を何とかせねばと思うものの、どこも大行列で途方に暮れます。

客に対して店員数が少なすぎるのでは?と思うくらい、流れも遅いのです。

というわけで、10,496,352個のレゴブロックで東京、大阪、京都、名古屋等を再現したミニランドを楽しんで空腹を紛らわすことに。

f:id:ggchita:20170329231406j:plain

お城で凧揚げする様子や、ありそうな都会の風景など、どれもすごい! 

f:id:ggchita:20170329231427j:plain

ここには載せてませんが、ドーム球場は圧巻ですよ!

 

さてミニランドを探索しながら、マップ左側、パイレーツショア入口付近のチュロス屋さんへ。行列も15組待ちくらい、近くではショーや水鉄砲を打てるアトラクションがあるという絶好のロケーションのため、子供を遊ばせながら並ぶことに。

f:id:ggchita:20170329231539j:plain

チュロスはシュガーとチョコがあり、1本400円。

チョコは子供には苦いようだったし、手や口が汚れやすいので、シュガーがオススメです。

 

小腹を満たしたところで、ミニランドを挟んで反対側のアドベンチャーエリアへ。

人気の「サブマリン・アドベンチャー」は120分待ちだったので後回しにして、60分待ちの「ロスト・キングダム・アドベンチャー」へ。

f:id:ggchita:20170329231647j:plain

子供はたくさんある可愛い壁画が気に入った様子。

アトラクションは車に乗ってシューティングする内容です。

 

続いてマップ右奥のレゴシティエリアへ。

人気のドライビング・スクールは60分待ち。

待てなかったしお腹が空いたので、近くにあるホットドッグ屋で「チーズドッグ」をゲット!15時くらいで、行列も8組待ちほど。

f:id:ggchita:20170330061610j:plain

テレビの特集でよく紹介される、子供が持って食べやすいアレです。

ソーセージはパリッとジューシーで大人も満足!

パンの部分はちょっと柔らか過ぎかな。

 

その次は、雨や風を体感しながら3D映像を楽しむことができる「パレス・シネマ」へ。上映時刻辺りに行けば待ち時間ゼロ。こちらは本当に濡れます。冬は寒いかも。暖かい日にオススメです。

 

17時になって夕飯を考え始めましたが、どこも空いていました。

というわけで、昼間大行列だったジェットコースター近くのレストラン「ナイト・テーブル・レストラン」へ。

店内入口では肉を叩くコックさんがいて、危うく叩かれるところに(笑)

空いている時間ならではの楽しみ方ができました。

f:id:ggchita:20170330062033j:plain

店内はこんな様子。

まず席どりをするよう指示があり、その後右手奥からトレーを取り、食堂方式で好きなものを取るスタイル。ドリンクは別料金ですが、同じコップに水を汲むのは無料です。

f:id:ggchita:20170330062105j:plain

さて、手に取ったメニューは目の前で切り分けてくれるローストビーフ。

もうちょっと乗せて!と言いたくなる値段(1700円)ですが、お味は抜群☆

f:id:ggchita:20170330062137j:plain

子供はキッズカレーのセット。

f:id:ggchita:20170330062202j:plain

野菜も牛乳もついてバランスいい感じです。

レゴブロック型のポテトもついていてワクワクします。

f:id:ggchita:20170330062233j:plain  

ちなみにこのポテト、外の軽食販売でも売っていますが、そちらはずっと大行列でした。これだけのために並ばなくて食べられるというところもポイントです。

 

食べ終わって18時30分頃になったところで、昼間諦めた「サブマリン・アドベンチャー」へ。待ち時間5分ほど。

入口でまず写真を撮ってもらいます。観光地でよくある後から買いたくなる有料写真です。分かっていながらナカナカ良い写りなので、1000円で購入。

アトラクションは潜水艇に乗って、水族館を見るというもの。

f:id:ggchita:20170330062514j:plain

レゴの世界に本物のお魚がいるというのは、見応えあります。

ニモ(カクレクマノミ)やらサメやら。

f:id:ggchita:20170330062431j:plain

フラッシュをたかなければ撮影もオッケー👌

潜水艇を降りた後は、右に行くと出口、左に行くと熱帯魚の水槽と写真撮影スポットが。昼間だとここも混雑すると思うので、やはり閉園間際がオススメです。

f:id:ggchita:20170330062702j:plain

お魚と写真が撮れて子供も大満足!

外はもう日が暮れて真っ暗でしたが、レゴの鮮やかな色使いが照明に映えてとっても素敵でした。

f:id:ggchita:20170330062731j:plain

お昼はメイカーズピアで済ませて、午後から入場というのもいいかもしれません。

ちなみに年間パスなら出入り自由なので、メイカーズピアと組み合わせて予定を立てるのも良いでしょう!

 

次回は、入場してから予約ができるワークショップや、レゴの工場見学なんかも体験したいと思います。

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピック競技場建築家設計の和菓子店でいただく白ぜんざい(両口屋是清 喜蝸庵)

名古屋に「白ぜんざい」なるものがあると聞いて行って来ました。

東山公園駅すぐの両口屋是清、二階のカフェ「喜蝸庵」。

 

f:id:ggchita:20170322124204j:plain ジーパン姿で入っていいかしらと一瞬思いましたが入店。

二階に上がる前に販売員さんに声を掛けてから上がります。

 

白ぜんざいを注文してまず出てきたのが小さなコップに入ったお水。

f:id:ggchita:20170322124253j:plain

 梅のエキスを入れたお水だそうでさっぱりいただけます。

 

お待ちかねの白いぜんざい登場!

なんとなく東京オリンピックの新国立競技場の雰囲気漂うような。

f:id:ggchita:20170322124326j:plain

ラズベリーソースが添えられて、知ってるぜんざいとは異なる趣き。

ぜんざい部分をズーム。スープのようにも見えますね。

お味は幸せな甘さが広がり、ざらっとした舌触りが白小豆の風味をしっかりと伝えてくれますよ。

f:id:ggchita:20170322124410j:plain

 しばらく食べ進めたところで、ラズベリーソースを投入。

f:id:ggchita:20170322124443j:plain

フルーティーな酸味が加わり、最後まで飽きることなく完食できました。

 

お茶もいただいて優雅な時間を過ごすことができました。

ごちそうさまでした!

 

 

 

老舗洋食店のコンソメとトマトソース(資生堂パーラー 名古屋店)

名古屋駅に昼時に行ったので、ちょっといいもの食べて来ました!

 1902年創業の資生堂パーラー、その名古屋店。今年で115周年なんですね。

お得なランチ「洋食プリフィックス」をいただきました。

f:id:ggchita:20170313123653j:plain

 まずは玉ねぎのピクルスやらっきょうなどポリポリと。

お次はスープなんですが、本日のスープ(コーンスープ)ではなく、コンソメスープに変更してもらいました。厨房では仕込んでいないかもしれませんが、老舗の味をより感じられるのでは、と思ったので。

f:id:ggchita:20170313123725j:plain

 澄んだスープの印象とは裏腹に、グッと肉質感が詰まったやや酸味を感じるお味。

 その余韻を楽しんでいる間に「ミートクロケット」が登場。

f:id:ggchita:20170313123811j:plain

 お上品。見た目はそうでもなさそうですが、熱々です。

f:id:ggchita:20170313124109j:plain

中は 味がしっかり付いているのでトマトソースはやさしい味わい。

 

続いてはオムライス。

f:id:ggchita:20170313123847j:plain

 卵の滑らかさがハンパない。

どうやったらこんなに綺麗に焼いて包むことができるんでしょ。

f:id:ggchita:20170313123959j:plain

中はチキンライス。こちらもしっかり味が付いているのでトマトソースはやさしさにあふれています。

さいごに紅茶とデザートを堪能。 

f:id:ggchita:20170315123346j:plain

優雅なランチタイムとなりました。

しかしランチタイムはお得。オムライスとクロケットは単品だと1700円を超えるのに、このプリフィクスは2268円。また行こ☆

 

お腹いっぱい。ごちそうさまでした!

熟成豚と炭塩がベストマッチのトンカツ居酒屋(なごや豚八堂 伏見店)

美味いという噂を聞いて行ってきました伏見の「なごや豚八堂」。

f:id:ggchita:20170222124128j:plain

看板にもある通り、熟成豚の塩糀とんかつがウリのお店。ランチタイムは8メニューあり、料金は前払い制。

まずはロースから。

f:id:ggchita:20170228123005j:plain

 厚みがあって、中はほんのりピンク色。決して生焼けではなく、ジューシーな肉汁によってそう見えるのだとか。

f:id:ggchita:20170228123036j:plain

一口目は何もつけずに。 塩糀に漬けてあるからか、そのままで充分旨い☆

二口目からは、とんかつソース、みそだれ、マスタード、炭塩、七味をお好みでつけて。ワタクシのオススメは炭塩。旨味が増す感じがします。 

f:id:ggchita:20170228123208j:plain

 続いてはヒレカツ。

f:id:ggchita:20170228123252j:plain

 随分分厚い。そして中はいい感じにピンク色。

f:id:ggchita:20170228123330j:plain

ロースより脂が少ないせいか、旨味がぎゅっと凝縮されている気がします。

こちらはマスタードと炭塩がオススメ。

 

キャベツとご飯は一回だけおかわり無料なので、遠慮なくいただきました。

記憶に残るとんかつでした。お腹もいっぱい。

ごちそうさまでした!

 

 

ヘルシー・激辛・ハイカロリーまでメニュー豊富な創作ラーメン(ライオンヌードルレストラン)

半田コロナのボイスキャッツでカラオケを楽しんだ後、向かいにある「ライオンヌードルレストラン」へ。

 

メニューがいっぱいあるのでかなり悩んだ後、注文。

まずは「とまとラーメン」。

f:id:ggchita:20170217123536j:plain

豆乳ベースのスープにざく切りトマトソースとバジルをトッピングしたソフト&ヘルシーな一杯。これならスープ飲み干してもいいかと思える味。

平たいパスタのようにも見える麺との相性もバッチリです。

f:id:ggchita:20170217124129j:plain

物足りない人向けはタバスコと粉チーズでヘルシーの向こう側に行けるようになっていますよ。

 

続いては「激辛台湾ラーメン」。

f:id:ggchita:20170217124344j:plain

名前負けせずに激辛。美味しいと感じる限界の辛さ。

f:id:ggchita:20170221123008j:plain

麺はとまとラーメンとは違いオーソドックスなタイプ。

 

サイドメニューで3種の餃子も注文。

f:id:ggchita:20170221123158j:plain

ノーマル、シソ、エビ3個ずつがお安く食べられます。

お子様ラーメンもあって、ファミリーで大満足!

f:id:ggchita:20170221123518j:plain

コーンが冒険してるように見えるトッピングにややウケしました。

おもちゃ付き。チャーハンも美味ですよ。

今回は頼みませんでしたが、「オムかつ丼」なるガッツリ系メニューや一番人気「梅じそラーメン」なんかも次回楽しみなお店です。

 

みんなお腹いっぱい。

ごちそうさまでした!