読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G&G 知多

愛知県知多半島から気になる食べ物の情報を発信!グルメなごはんでおなかがグーグー?

知多半島は醸造のまち(蔵元が企画するお酒と知多の味 2016)

たまには知多半島のお話を。

先日、半田にて醸造文化に親しむイベントがあったので参加してきました。

 

 知多半島は、みそ、たまり、酒、酢の醸造元が集まるとっても珍しい地域。

というわけで、毎年蔵元が企画して知多の美味しいお酒とお料理が味わえるイベントが行われています。写真は、各蔵元さんが挨拶している様子。

f:id:ggchita:20161026213509j:plain

テーブルには、人気のほしいずみ、使い過ぎ防止のスプレー醤油、新しい食べ方提案の粉末味噌が並んでいました。お酒は他にも各蔵元自慢のものが飲み放題。

f:id:ggchita:20161030151130j:plain

今回の献立はこちら。地元レストランの「山田屋ベル」さんと、名古屋の料理研究家の蓮沼あいさんが考案したメニューだそう。

f:id:ggchita:20161030151520j:plain

Aメニュー

f:id:ggchita:20161030151816j:plain

これだけでお酒が進みます。

 

続いてBはお刺身。スプレー醤油でいただきます。

f:id:ggchita:20161030151957j:plain

スプレーと言っても結構出るので、少ない感なし。

ただ、醤油の蔵元さんは使用量が減ると苦笑い。

 

お次はCメニュー。

f:id:ggchita:20161030152255j:plain

味噌で焼かれた魚もお酒にバッチリ。

 

Dメニューは知多豚の角煮。

f:id:ggchita:20161030152606j:plain

知多半島は牛肉、豚肉も美味しいのです。

 

〆はマグロの漬けと粕酢の酢飯で作った尾州早ずし。

f:id:ggchita:20161030152812j:plain

めちゃでかい。そして美味い。

 

お味噌汁は味噌玉をお湯で溶かして。

f:id:ggchita:20161030153019j:plain

さっと溶けて具が登場。

f:id:ggchita:20161030153046j:plain

やっぱ味噌汁落ち着く〜。

この前に開かれたトークセッションでは、ベーコンやパクチーを使った味噌玉の紹介があり、和以外のシーンでの活用にも期待が持てました。

 

たくさん飲んだし、お腹いっぱい。

ごちそうさまでした!